2018年3月2日金曜日

松浦亜弥 マニアックライブvol.4 2005年編

松浦亜弥さんの2005年は、どんな年だったのでしょうか。

2004年秋の熱愛報道をきっかけにして、アイドル人気は一気に下降していったと思われます。

だた、アイドル人気というものは、どんなタレントでも、5年も続けば良いほうです。
上京してきたばかりの松浦亜弥を、レコーディングスタジオで歌わせたとき、
その歌唱を聴いていた「つんく♂」氏と「橋本慎」氏が、
「これでオレたち5年は食える」とスタジオの廊下で抱き合った話は有名ですよね。

ファンとしては、松浦亜弥ほどの逸材に向かって、たったの5年とは何事だと憤慨するところですが、
現実は、正にその通りになってしまったわけです。
そもそも、アイドル人気なんてのはバブリーですから、いつまでも続かないことなど周知の事実です。

一方、知名度というのは、アイドル人気と違って、積算されていきますから、
2005年の松浦亜弥さんは、田舎の爺ちゃん婆ちゃんも知ってる、というタレントだったはずです。
実際、その知名度の高さを買われて、
「愛・地球博」の閉会式において、プリンス浩宮様の御前でイメージソングを歌ったり、
郵便局のCMキャラクターになったりと、オカタイ仕事をこなしています。

で、肝心の音楽活動を見てみると、3月に、初のベストアルバムを出すものの、1位を獲れず、
シングルリリースも「ずっと好きでいいですか」と「気がつけばあなた」の2曲だけとなっています。
ライブ活動でも、ハロプロ関連のユニットとかが中心のようです。
動員力が落ちてしまった結果の「まとめ売り」ってことでしょうか。
2004年の代々木ライブの輝きは、何処へ行ってしまったのかって感じです。
まあ、「DEF.DIVA」の破壊力も評価できますけど。

選択肢の無い中でのセレクトは、昼の部が「笑顔に涙」、
夜の部が「ずっと 好きでいいですか」となっています。

?って、何でここで、いきなり「笑顔で涙」なんでしょうか。
このライブは、年を追って振り返るっていう趣旨だったはずですよね。

 
う~ん、動画を見る限り、この歌を、ここで歌った理由は、分かりませんですねえ。
ちなみに、夜の部では、ラストソングにこの曲を歌っています。

実は、セットリストを見ると、夜の部の13曲歌に対して、昼の部は、11曲しか歌ってません。
昼の部は、後がありますから、しゃべり過ぎたとしても、時間をオーバーすることができません。
結局、予定された曲を全て歌えないことが分かった段階で、
最後に歌うつもりだった「笑顔に涙」をここに持ってきたのでしょうか。
恐らく、差し替えられたのは、夜の部でも歌った「ずっと好きでいいですか」。
2005年は、「ずっと好きでいいですか」を昼夜2回歌うつもりだったように思います。
他に選択肢も無いようですからね。
もちろん、憶測に過ぎませんが。

この後に、伝説になっているファーストステージの思い出を語っています。
このテイクでは、このMCの方が、価値が有るかもですね。


夜の部は、「ずっと好きでいいですか」です。

   
この楽曲は、「今井千尋」氏の作品だったんですよね。
この楽曲のベストテイクは「ハロプロ・パーティー2005松浦亜弥キャプテン公演」だと思うのですが、
この動画は、視聴回数が26万回超えと、同じライブの他の動画と比べても、かなり多いです。
視聴回数は、当てにならないモノではありますが、意外と世間の評価を表してるところもあって、
改めて、聴いてみるとなかなかの歌唱に思えてきました。

「ずっと好きでいいですか」は、「つんく♂」離れの初作品と云うことでしたが、
作詞は「つんく♂」氏ですし、曲の雰囲気も「つんく♂」っぽいんで、どうもピンときませんです。
で、何となくどこかで聴いたような気のする楽曲ですが、
こうやって、じっくり聴くと、隠れた名曲って気が・・・って、歴としたシングル盤でしたね。
失礼しました。

ただ、この年の楽曲で、世間に知られていたのは、「気がつけばあなた」の方だったと思います。
「気がつけばあなた」は、午後の紅茶のCM曲ですけど、当初、サビのところしかなかったと云います。
つまり、正式な楽曲で無くって、CM用のネタ曲だったんですよね。
で、CDにして欲しいとの要望を受けて、補作したんだそうです。

ファンにしてみれば、
「奇跡の香り」以降、4曲続いたスロー・ミディアムテンポ系の曲に食傷気味だったのでしょう。
ですから、世間は「気がつけばあなた」みたいな曲を望んでいたし、実際、売れたわけです。
松浦亜弥、最後のヒット曲って云ってイイでしょう。
でも、この路線は、この曲でお終いになってしまいます。
このライブでもスルーしています。
重ねて云います。
何で、「笑顔に涙」だったんでしょうか。
こういう感覚のズレが、どうにも理解できないというか、もどかしいんですよね。


まあ、今更云ったところで致し方ないこと、やめておきましょう。
「音楽チャンプ」の録画予約をしなくては・・・

0 件のコメント:

コメントを投稿