2017年5月19日金曜日

艦これ「阿武隈」MMD動画の完成度が凄い

 先日、ウォーターライン製作記の中で紹介させていただいたMMD動画です。曲は「千本桜」で有名な「黒うさP」氏による「恋愛フィロソフィア」、歌っているのは初音ミク、ダンサーは「艦これ阿武隈改二」になります。


 こちらは、ニコニコ動画へのリンクです。パスワードお持ちの方はこちらを。同じ動画ですけど、艤装付きになってます。

【MMD艦これ】阿武隈改二の恋愛フィロソフィア【モデル配布】

 これ、凄く良いと思いますよ。MMDが公開されて9年になるそうですけど、遂に、ここまで到達したかっていう感じですね。

  MMDの正式名称は「MikuMikuDance」、名前の通り、初音ミクにダンスをさせるために2008年2月に公開されたフリーソフトです。プログラマーの「樋口優」氏が、自家用として、年末年始のお休みを使って組み立てたとされています。
 その最大の特徴は、シンプルで直感的なインターフェイスであること。さらに、モデルや、エフェクト、モーションデータなど、それぞれの分野を得意とするヲタクたちが日々開発し、それらの素材をお互いが共有しているという点にあります。これによって、誰もが簡単にCG動画を製作できるわけです。そして、それらの発表の場としての「ニコニコ動画」存在。
 つまり、自分で楽曲を作らなくても、キャラクターを描かなくても、ダンスを考えなくても、全て借りてくるだけで、動画が作れてしまう。凄いんだけど、誰でもできる。「ご自由にお使い下さい」の究極の形態。著作権を主張しあうので無く、共有するところがMMDの最大の特徴と云えます。

 考えてみれば、この世の中全てのものは、先人たちの技術の積み上げによって成り立っているわけですからね。

 次も「阿武隈」の動画です。モデル作成は、可愛い艦娘をたくさん発表している「つみだんご」さんです。
 

 滑らかに動くものですねえ。モーションキャプチャーしているのかと思いました。

 艦これMMD動画作品は、たくさんのヲタクさんたちの、技術の積み上げによって作成されています。ヲタク連鎖の頂点に君臨するもの、それが「艦これMMD」であり、世界に誇れる日本の文化の1つと云えましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿