2018年2月3日土曜日

今年の恵方は「南南東」って、毎年云ってないか?

節分ですね。
完全に国民的イベントとなった「恵方巻き」。
スーパー等での売り上げは、バレンタインのチョコレートを完全に抜いているそうです。
僕は、そういうことには、全く無縁なんですけど、
それでも、広告に載っている美味しそうな恵方巻きの写真を見ると、買いたくなってしまいます。
食べるときは、あっちを向けとか、一言も喋るなとか、云われてますけど、
守らないとバチが当たるみたいな雰囲気は、イヤですよね。
まあ、皆で集まってワイワイ楽しくイベントするなら、それも面白いと思いますけど、
僕には、何でもネットで検索して、習わしに従うことを良しとして、外れていることを恐れるという、
「検索予習規範化社会」の現れの1つに思えてしまいます。

初詣のお参りも、規範通りにやってる人が若者中心に増えてきてて、
時間が掛かるんで、お参りの行列が鳥居からはみ出てました。
昭和の初詣なんて、前に人が居ようと、お構いなく、後ろから、お賽銭投げ込んでましたからね。

今年の恵方は、「南南東」だそうです。
って、この前も「今年の恵方は、南南東~」とかいってませんでしたっけ?
で、調べてみましたら、恵方って4種類しかないんですって。
東北東→西南西→南南東→北北西→南南東(今年)
のローテーションで回っているそうです。
おととしが南南東だったんですね。
「南南東」は、5年間で2回巡ってくることになりますから、いつも南南東のような気がしていたみたいです。

ただ、先日のコンビニノルマのブラックニュースで、マイナスイメージが付いちゃってるようで、
今年は、節分だけど恵方巻きを食べないってのが、トレンドになってるそうですよ。
やっぱ、インスタ映えしないとダメなのかなあ。

0 件のコメント:

コメントを投稿