2016年9月19日月曜日

BUMP OF CHICKEN 「RAY」feat.初音ミク ~マジカルミライ2016幕張メッセ No2~

 マジカルミライ2016のラストソングは、「RAY」でした。正確に云うと、「RAY」だったんですね、というのが正しい文章表現になります。
 いつものお約束通り「次が最後の曲です」「え~っ」で始まったんですけど、絶対演奏されるだろうって思っていた「Tell Your World」が、まだだったものですから、てっきり、それが来ると思っていたんです。そしたら、こんな曲が始まったんですよ。


 終わったばかりのライブの動画がYouTubeにアップされているというのもどうかと思うんですけど、これは、MXがライブの生中継をしたからです。ライブの半分ぐらいを中継したみたいなんですけど、そんなことをすれば、録画されて、一斉にアップされるに決まっています。これらの動画群が、短命で終わるのか、それともしばらく泳がされるのか分かりませんけど、MXさんも、この事態は、織り込み済みなんでしょう。ちなみに、御本家BUMP OF CHICKENの動画は、(一応ですけど)厳しく管理されているそうですよ。

 で、「あれっ、こんな曲あったっけ」って感じでした。僕は、BUMP OF CHICKENはもちろん、初音ミクについてもまだまだ勉強不足なものですから、全然思いつかなくって、「新曲かな」なんて呑気に考えてました。
 でも、ラストソングに採用される程の楽曲を知らないと云う自分が、ファンを自称している身としては、ちょっと悲しかったですw

 楽曲について分かったのは、家に帰ってからでした。BUMP OF CHICKENの「RAY」という曲だそうです。そりゃあ、僕だってBUMP OF CHICKENの名前とヒット曲「天体観測」くらいは知ってますし、以前、BUMP OF CHICKENのライブで彼らが初音ミクとコラボしたことも知ってました。その時の動画も見ていたはずなんですが、まさか、ここで演奏されるなんて、夢にも思わなかったです。しかも、今頃。
 幕張メッセに来ていたファンだって、何人かは、「この曲なに、なに?」って思ったはずです。(と思いたい)

 でも、夜の部では、こちらもしっかりと心の準備ができてましたから、思う存分楽しめました。ただ、あの狭いスペースでペンライトを左右に振らされるのは、大変でしたよ。特に、僕の両脇のお兄さんたちは、両手にペンライトを持って、おもいっきり振っていたんで、挟まれていた僕は、肩身が狭くって辛かったですw

 初音ミクとのコラボ映像です。東京ドームでの公演だそうです。この動画は、ちゃんと公式チャンネルからのようです。
 

 コラボする必然的理由が全く思いつきませんw

 これで、初音ミクのファンが、BUMP OF CHICKENに関心を持ったところで、今さら、たいした足しにならないでしょうし、BUMP OF CHICKENのファンにとってみれば「何やってんだ」って感じだったんではないでしょうか。
 ただ、初音ミクが世間から受けている誤解を少しでも解いていきたいと云う立場で考えると、こういう場を設けていただいたことは、有り難いことではあります。

 この初音ミクのパートは、Livetuneのkz氏が担当したそうです。だから、歌声にオートチューンがかかっていたんですね。僕的には、折角の機会なんで、ミクの生声(?)を聴いて欲しいところなんですけど、kz氏が担当ならば致し方ないところです。
 ウイキペディアによるとBUMP OF CHICKENとlivetuneは同じレーベル、トイズファクトリーに所属しているとのことですので、それがコラボが実現した理由の1つなんでしょう。

 BUMP OF CHICKENは、デビューした頃の勢いは無くなったとはいえ、最近も、テレビや映画の主題歌を担当するなど、多方面で活躍されているようです。若い頃は、テレビへの出演を拒否するなどずいぶん尖っていたようですが、最近は、大人のミュージシャンとして、ちゃんと商売もしているようです。その辺の変化について、初期からのファンは、複雑な想いのようですけど、去るファンがいれば、新しく集うファンもいるわけで、そう云う点では、どこのファンも同じみたいですね。
 BUMP OF CHICKENの楽曲は、独特の世界観に展開されるメッセージ性の高い楽曲、ということになっているようです。何を言ってるのか良く分からない分、如何様にも解釈できて、で、何故だか共鳴しちゃうってことなんでしょうけど、ライブでこんな曲を演奏すれば、彼らのファンは、きっと泣いちゃうんじゃないかと思います。

 マジカルミライ2016のラストソングに「RAY」を持ってきた真意は、僕には、よく分かりません。kz氏が「Tell Your World」を外してまで演奏したんですから、深読みもできるように思いますが、まあ、たいした理由など無いかもしれませんし、そんな理由なら知らない方が良かったなんて云う類いのことかもしれません。
 でも、初音ミクがライブの最後に歌う曲としては、よく似合っていたと思います。ボカロPさんたちの事情を考えると、ライブでカバー曲を採用することは、難しいかもしれませんが、僕はアリだと思います。

 泣きはしませんけどw

0 件のコメント:

コメントを投稿