2015年8月1日土曜日

尾崎亜美「オリビアを聴きながら」feat.杏里&後藤真希

  先日、久しぶりにカラオケスナックに行きました。カラオケボックスでは、ありませんよ。スナックです。で、若い人たちは、知らない人の前で歌うことに違和感があると言ってました。確かに、カラオケボックスは仲間内だけですからね。今回も、知らないおじさんから、「お兄ちゃん良かったよ。」なんて声をかけられたりして・・・w、まあ、それが鬱陶しいというのが最近の風潮でしょうか。
 でも、その一方で、「歌ってみた動画」なんてのもあるわけで。もっとも、動画は自信のある奴が何度も撮り直しているわけですから、良いところは見せたいけど、人前で失敗はしたくないというのも最近の風潮なんでしょうね。
 
 前置きが長くなりましたけど、この「オリビアを聴きながら」を知ったのは、昔、カラオケスナックで、若い女性が歌っているのを聴いたからなんです。で、凄く良い曲だなって思ったんですけど、「何て曲ですか。」なんていきなり聞けないし、でもそれが「オリビア・・・」って曲だって分かってからは、楽譜を手に入れて、オルガンで弾いてみたり、僭越ながらカラオケで歌わせていただいたりしてました。

 「オリビアを聴きながら」は1978年、尾崎亜美さんが杏里さんに提供された曲で、杏里さんにとっては、デビュー・シングルになるそうです。実は僕、尾崎亜美さんが提供した曲だって知ったのは、楽譜を見たときなんですよ。それまで杏里さんのオリジナルだと思っていたんです。
 当初の売り上げは、5万5千枚しかなかったそうです。新人が出した楽曲ですからそんなものでしょうか。でも、その後、様々な歌手によって歌い継がれて、誰もが知るスタンダードナンバーになりました。
 では、まずは、杏里さんのテイクから貼り付けさせていただきますね。


 また話が脱線しますけど、有名なのに売れてない曲をまとめたブログがあって、この曲も、もちろん入ってました。あと、石川さゆり「天城越え」4万8千枚とかも出てましたけど、じゃあ石川さゆりが売れないのかっていうと、「津軽海峡冬景色」は72万7千枚売れてるらしいです。この違いがどこから来るのか全く分かりませんねww

 この曲、本当にたくさんの人がカバーしているんですけど、その中の一人に「後藤真希」さんがいます。で、このブログの性質上、ハロプロのタレントをスルーするわけにもいきませんから、貼り付けさせていただきます。で、オーケストラバージョンとどちらにしようか、迷ったんですけど、こっちの方が何となく歌に気持ちが入っていたんで決めました。誓って言いますが、衣装で決めたわけでは、ありません。


 いかがですか、悪くは、ないんですけど、僕的にはミキティに歌ってもらった方が良いような気がします。尾崎亜美のカバーは、やっぱりミキティというのが僕の結論です。

 では、最後に尾崎亜美さん直々に歌っていただきましょう。



やっぱりこれがベストですって?・・・聞かなかったことにします。・・・このブログ、やっていけなくなるんで・・・・w

2 件のコメント:

korou さんのコメント...

すごいペースでブログを更新されるので
コメントを書くタイミングが遅くなってしまい
今頃この記事にレスかよ、って感じなんですが・・・(笑)

あまりに尾崎亜美さん本人の歌が素晴らしかったので
ついつい昔のことを思い出して
自分のブログに、この曲の歌詞のことを書いてしまいました。

(大sansanさんのブログを粉砕する意思は毛頭ありませんがw)
やはり亜美さんの歌がベストですね。
感情の込め方が一味違います。

大 sansan さんのコメント...

すみません。テンション高いうちに書いてしまおうって感じで、
1つ1つの記事についての内容が、浅いものになってましたね。
反省しておりますw

korouさんのコメント読ませていただきました。
なかなか奥が深いですね。
「疲れ果てた あなた私の 幻を 愛したの」については、
僕はそもそも、疲れ果てているのは、どっちなのかもよく分ってませんでしたからw

亜美さんのテイクは、弾き語りであるという強みがありますからね、
感情の込め方が違うと思います。

僕は、後藤さんのも頑張っていると思うんですよ。
でも、歌詞の内容を理解できているとは思えません。
やっぱり、十代のアイドルが唱える歌では、ありませんからね。
でも、どうせ理解できていないのなら
いっそのこと、ミキティに可愛く歌ってもらったほうがイイかなって思ったんです。

で、今頃思ったんですけど、
2010年のコットンクラブの時の松浦亜弥さんなら、
良い感じで歌ってくれるような気がしてきました。